寒干し大根について

貴重な冬の保存食「寒干し大根」

豪雪地帯でもある山之村地区は、かつては陸の孤島となることもありました。
そんな山之村の地において、寒干し大根は冬場の貴重な保存食として食べられてきたのです。

厳冬期、寒干し大根は家々の軒下で1か月程寒干しされ、
天然のフリーズドライ食品が完成します。

 

「奥飛騨山之村 寒干し大根」はどんな製品?

ひと袋50gの中に大根1本分(約1kg)の量がこの入っています。
寒干し大根になるとこんなに軽く、小さくなります。

栄養成分表示(100g当たり)

エネルギー 340kcal
たんぱく質 7.9g
脂質 0.6g
炭水化物 75.8g
食塩相当量 0.1g

 

次はこちらをどうぞ

寒干し大根のできるまで

 

寒干し大根のご購入はこちらから

寒干し大根の購入方法