寒干し大根のできるまで

原材料の大根は全て
山之村で作られたものを使用しています。
作れる量は限られますが、美味しさを保つために
大根の生産からこだわって作っています。
収穫後、雪が降るまで土の中に埋めて貯蔵します。
外気温がマイナスになる頃、
土の中から掘り出します。
土中から掘り出した後の大根は
丁寧に水洗いしてきれいにします。
洗い上がった大根は皮をむき、輪切りにした後、
30分ほど茹でます。
全て外気温マイナスの厳しい環境の中、
手作業で行っています。
 茹で終えた大根を串に通し、軒先に干します。
山之村の-20℃にもなる厳しい寒さの中干すことで、
徐々に小さく縮んでいきます。
30日間ほど寒気に晒した後は、屋内で干して、
完全に乾燥させます。
出来上がった寒干し大根を集めて選別し、
袋詰して完成します。

寒干し大根の完成までには、山之村の厳しい寒さを始めとする自然の力と、
生産に携わる人々の手間暇のかかった手仕事がかかせません。

ここでしか作れない味を是非味わってみてください。

 

次はこちらのページをどうぞ

すずしろグループと寒干し大根の歩み

 

寒干し大根についてはこちらのページをご覧ください

寒干し大根について

 

寒干し大根のご購入についてはこちら

寒干し大根の購入方法